|はじめての方へ|

弁護士の鈴木麻子です。
このたびは、ホームページをご覧いただきありがとうございます。

ご夫婦・パートナーとの関係が変化するとき、信じてきた人生の基盤が揺らぐような不安や怖さを感じることがあるかもしれません。

ですが、それは本来のご自身らしく生き直すチャンスでもあると思うのです。

どうぞご自身を信じて一歩前に進んでください。
そのお手伝いができれば光栄です。


(ご相談前に必ずお読みください)

鈴木麻子法律事務所へのご相談を検討されている方は
事前に以下の内容を必ずお読みいただき、ご理解いただいた上でお申し込みください。

|取り扱い分野|

鈴木麻子法律事務所は、
離婚・パートナーシップに関する法律相談およびカウンセリング
を専門で取り扱っています。男性、女性、年代を問わずご相談ください。

  • 離婚、別居、再婚、不貞行為等の婚姻関係にまつわるトラブル、悩みごと
  • 夫婦間の性格の不一致、価値観の相違、性的不調和、浮気、暴力、暴言、モラハラ、金銭・経済問題、親族関係や子どもをめぐる不調和、コミュニケーション不全
  • 不倫・不貞、婚外恋愛、性的志向・嗜好の不一致、セックスレスにまつわるご相談
  • 離婚に向けた準備や手続きの進め方、気持ちの整理
  • 離婚条件の協議
  • 離婚後の子どもとの面会、養育費、再婚などにまつわる困りごと
  • 復縁のためのご相談
  • 離婚や夫婦関係の不和による精神的負担へのメンタルケア
  • その他パートナーシップ全般に関する悩みごと

上記以外の法律相談(刑事事件、民事事件、労働事件、債務整理、相続、企業法務など)はお受けしていませんのでご了承ください。

|3つの特徴|

1. メンタルケアとライフコーチングに精通した弁護士による離婚・パートナーシップ問題専門の法律事務所です。

*メンタル面、法律面、そして人生全般を見据えた専門的なアドバイスとサポートを同時に受けられる相談先は希少です。
*鈴木麻子の経歴・プロフィールはこちら


2. 丁寧に時間をかけてお話をうかがい、相談後もフォローアップを行います。

*初回ヒアリング(30分)を実施後、90分のカウンセリングを行います。
*ご相談後1か月間、無料でメールのフォローアップを行います。
相談時に聞き逃してしまったこと、相談後に新たに出てきた疑問点などにお答えすることで万全のサポートを行います。


3. 当事者同士の円満な話し合いによる解決を目指します。

*まずはご夫婦の話し合いによる解決をサポートします。
初回相談時に代理人として事件を受任し、弁護士が介入することはいたしません。(継続的にご相談を受け、当事者の協議が困難な場合にのみ事件の受任を検討いたします。)

|5つのお約束|

Rapport
−誠実に信頼関係を築きます

クライアントを個人として尊重し、常に真摯に向き合います。
プロフェッショナルな弁護士/カウンセラー・コーチとしての職業倫理の遵守はもちろんのこと、まずは人と人としての信頼関係が大切だと考えています。
「上から目線」での評価・判断や押し付けをすることなく、リラックスして本当のお気持ちをお話いただける対等な関係性を築きます。

Empower
−クライアントの力を信頼します

クライアントを「無力」で「可哀想」な存在として扱うことをしません。
自分で幸せになる力をすでに持っていることを深く信頼し、その力を引き出していきます。
たとえ現状が八方塞がりのように感じられたとしても大丈夫。必ず道は拓けていきます!

Respect
−クライアントの価値観を尊重します

理想のパートナーシップや家族、結婚観、人生観は人それぞれです。
家族、夫婦の在り方がますます多様化する時代において「社会的にこうあるべき」という枠に縛られることなく、クライアントの価値観を尊重し、オーダーメイドで離婚やパートナーシップの築き直しへの道筋をつけていきます。

Holistic
−人生全体を見据えたアドバイスを行います

金銭的に有利な条件を獲得することや、調停や裁判で「勝つ」ことが人生の最終目的ではありません。
大事なお金や時間や労力を何に費やすのか、人間関係や経済基盤、生活環境をどのようにデザインしなおしていくのか。本当に大切なことを大切に。
人生全体を見据えた包括的かつ長期的な視座でのアドバイスを行います。

Clear
−明確で適切な法的アドバイスをします

離婚案件を多数解決してきた弁護士の専門的見地から、クライアントの実情にあった明確で適切な法的アドバイスをします。
心理カウンセリングやライフコーチングだけではカバーできない法的な問題について、現実的で具体的な選択肢や見通しを示し、必要な準備や行動をサポートしていきます。

|こんな方のお役に立てます|

  • 漠然と離婚について考えているものの何から手をつけてよいのかわからない
  • まずは気持ちの整理や、離婚をする場合の見通しを知りたい
  • 夫婦関係を修復したいが、難しい場合には離婚という選択も考えている
  • 子どもや経済的なことが理由で離婚に踏み切れずにいる
  • 相手から離婚を切り出されて戸惑っている

→何を大切に生きていきたいのか、クライアントの価値観や軸を明確にした上で、離婚をする場合・しない場合の具体的な見通しやとるべき行動をアドバイス。納得のいく決断と選択をサポートします。


  • 人生の転機を迎えており、夫婦関係の見直しや改善が必要だと感じている
  • 不貞行為をしている/不貞行為をされているが、今後どうすればいいのか悩んでいる

→理想のパートナーシップのイメージ、男性性と女性性のバランス調整、感情のわだかまり解消など、カウンセリングやライフコーチングにより理想の未来への道筋を描いていくサポートをします。必要に応じて、法的な観点からのリスクや権利についてもお伝えします。


  • 離婚自体は合意しているので離婚条件について協議をしたい
  • 円満に協議離婚したいが、財産分与や養育費のことはきちんと取り決めをしておきたい
  • 弁護士を頼むほどではないが専門家によるアドバイスが欲しい
  • 感情的なわだかまりがあり、冷静に離婚の話し合いを進められずに困っている
  • 他の弁護士に相談・依頼しているがセカンドオピニオンを聞きたい

→円満な離婚に向けた手続きの進め方や条件の決め方、円滑なコミュニケーションの取り方・交渉のポイント、心身のストレス軽減、感情・メンタルケアなどを多面的にサポートをします。


  • 離婚の届け出は済んでいるが、住まいのことや子どものこと、財産分与などについて取り決めをしていないので困っている
  • 離婚後の子どもとの面会、養育費、再婚、出産(元夫の嫡出推定)など、離婚後の取り決めや手続きで相談したいことがある
  • 離婚後の感情的な痛み・傷が解消されずに苦しんでいる

→離婚後の手続き、子どもの面会交流、再婚など、離婚に付随する様々なご相談も承っています。離婚後のメンタルケアや人生のリスタートのサポートも行なっています。

|こんな方のお役には立てません|

  • 離婚調停や離婚訴訟の書類が裁判所から届いており、至急、弁護士を頼みたい
  • 当事者間の協議がまったくできない状態なので弁護士に交渉を依頼したい
  • 相手が弁護士をつけたので、こちらも弁護士を頼みたい
  • 離婚手続きはすべて弁護士にまかせたい

→当事務所では当事者同士の円満な話し合いのためのカウンセリング・ご相談をメインにしているため、原則として初回ご相談時の事件受任はしていません。
直ちに弁護士に代理人を委任したい場合には、他の法律事務所にご相談ください。


  • DV(家庭内暴力)・モラハラなどで身の危険があり、直ちに避難が必要である
  • 公的相談窓口や警察、医師などからすぐに弁護士を依頼した方がよい事案だと言われている

→申し訳ありませんが、当事務所では緊急案件への対応体制が整っておりません。弁護士会や女性相談センター等の公的機関を経由して対応可能な弁護士へのご依頼をお願いいたします。


  • とにかく一円でも多く金銭をもらって離婚したい
  • 相手の法的な責任追及をしないと気が済まない。裁判でシロクロはっきりさせたい
  • 相手に謝罪させたい

→当事務所では、まずは円満な話し合いによる解決を希望される方のお手伝いをしています。(結果的に協議が難しい場合には、調停・訴訟等の手続きに移行することはあります)
相手の法的な責任を明確にしたいという場合には、当初から訴訟を見据えて弁護士をお選びいただくことをお勧めいたします。