ダークキャバレーナイト〜自分の中の闇とつながる夜

流行りのハロウィンの仮装、ではないです!

デバダシ・スタジオ(devadasi studio)の年に1回の特別なイベント、ダークキャバレーナイト終了後の記念写真です。
(左から2番目が私)

すっかり仮装イベント?として日本でも定着してきたハロウィンですが、その起源は古代ケルト民族のドゥルイド教で行われていたサウィン祭という行事だそうです。

古代ケルトでは、11月1日が新年とされ、大晦日にあたる10月31日の夜に先祖の霊が家族に会いに戻ってくると信じられていたそうで。

日本のお盆のような感じですね。

秋分から冬至に向かって、どんどん日が短くなっていくこの季節。
あの世とこの世が近くなる時期でもあるとか。

日本のお盆では、
ご先祖様は空から帰ってくるのかなぁという感覚があるのですが、
ハロウィンの季節の「あの世」は、地底のイメージ。

ちょっとおどろおどろしい感覚や、深い闇に呑み込まれてしまいそうな。同時に、プリミティブで懐かしいような。

ダークキャバレーナイトは、そんな季節にふさわしく
ふだん光のあたらないシャドウサイドを、それぞれの表現でおどっていく大切な場です。

それについて語る
デバダシ・スタジオの創設者Mishaalの言葉が素敵だったので、引用しますね。

秋も深まり、夜はどんどん暗く、寒くなってきました。
木から葉が落ち、生と死のライフサイクルが思い出されますが、特に “死”について考えさせられます。
秋分と冬至の中間地点にいますが、古代のミスティックな伝統では、私達の世界と魔界の間にあるヴェールが最も薄い時期だと言われています。

私達はデバダシスタジオでも最も人気のある「ダーク・キャバレー」をもって、この時期を祝います。

「ダーク・キャバレー」は私達の隠れている側面を見せるよい機会です。

ベリーダンスは第一に、生命を祝福する踊りで、とても喜びに溢れています。でももちろん、明るい女神がいるように、ダークな女神の存在も忘れてはいけません。

では何がダークなのか?

時に私は女神カーリーを思い浮かべます。とても強く、力強い存在です。

過去に私は黒いヴェールに隠れて生活しなければいけない女性の気持ちを踊り、少し政治的主張をしたこともあります。ただ、他の宗教を攻撃したいわけではなく、その背景としては、無知や女性に対する差別に対して気持ちをもって踊りました。世界の中で、未だに女性差別がある地域が多くあります。

女性は教育を受けられず、奴隷のように働き、人間の権利を与えられていないところがあります。そんな地獄のようなところから逃げることのできない女性の痛みを躍りで表現しました。

ブルガ(黒い体、顔を覆うヴェール)を投げ捨て、裸で(セミヌードっぽく)出ていき、そんな女性たちに自由が与えられることに願いを込めて踊りました。

わからない人たちには、女性のこのような主張や知恵は「魔女」っぽいと思われたり、怖がられたりします。「ダーク・キャバレー」ではワイルドに、コントロールされていないセンシュアルな踊りを歓迎します。

死のダンス、ダークな感情、セクシュアリティ、他のアイディアもウエルカムです。過去にセミヌードのダンス、ボディペイントのダンス、骸骨のキャンドルなど様々な素晴らしいセンスの踊りをみてきました。

「ベリーダンス」の枠にとらわれない、各ダンサーが「~そうあるべき」姿をチャレンジする夜になって欲しいと思っています。

by Mishaal

実は、毎年気になりながらも、ずっと避けてきたダークキャバレー。
気持ちが引きずられそうで、出演はおろか、なかなか観に行くこともできずにいました。

ところが、
今回はショーの2週間前に追加で出演ダンサーを募集していると聞いたときに、
「あ、いま、ダークを踊らなきゃ」と感じたのです。

自分の中にあるダークサイドを表現するタイミングが、
訪れたようでした。

出演を決めてから、自分の中のシャドウ、普段は感じないようにしていた色々な感情が浮上してきました。

当初は、怒りや悲しみを通り越した絶望、恐怖、虚無感を感じていて、
練習で家で踊ってみたら、めずらしく頭痛がしたり・・・

何度も踊れるダンスではないなぁと感じていました。

*

*

*

そして、本番。

はじめてやったのに、なぜかバチッとはまったダークメイク。

急ごしらえで準備した衣装も、なんだかマッチしています。

当日、発表されたセットリストで、私は最後から2番目に踊ることに。
そのあと、私の師匠であるNashaalさんがフィナーレを飾るという流れでした。

ダンスフロアはスタジオの真ん中、真紅のバラの花びらで縁取った美しいサークルです。

サークルをぐるっと囲んで見守るオーディエンス。

四方から順々にダンサーが立ち上がり、サークルの中でそれぞれのダークを踊っていきます。

私の前に踊った10名のダンサー。
そこから受け取った痛み、嘆き、苦悶、堕落、抵抗、諦めや絶望などのエッセンスを感じていたら、

猛烈に、怒りが沸いてきた。

許せない。
断ち切ってやる。
思い知らせてやる。

という、強い気持ちでダンスフロアに立つことに。

準備の段階では、もっと違う表現をするつもりだったので、
想定外です。

睨みつけるようにフロアを見渡し、
黒いヴェールを振りかざす。

これ以上の蹂躙は許さない。

私の力で、終わりにする。

普段、私がおそれ、隠しているのは、
自分の底知れぬパワーや権力だったのかもしれません。

自分のことは、
わかっているようでいて、
まだまだ知らないことがたくさんあるなぁ。

と思います。

出演したインストラクトレス、ダンスシスターズは、
みんな本当に、
クリエィティブで、真摯で、繊細で大胆で、果敢で、美しくて、胸打たれました。

思いっきり怖いポーズで集合写真!

Nashaalクラスのみんなと。

メイクがハマりすぎたのか、何人もの人から踊ったあとに
「え、麻子ちゃんってわからなかった!!」
と言われました(笑)

いつも導いてくださるNashaalさんほかインストラクトレスのみなさん、スタッフのみなさん、一緒に踊ったダンスシスターズ、観に来てくださったみなさま、ありがとうございました。

満月直後、
異世界をのぞいた感じもあって
その夜はすぐには寝付けませんでした。

みなさま、Happy Halloween!

=====================================================
 ★The Choice is Yours. 鈴木麻子メルマガ登録はこちら

   <<What's New  〜お知らせ&ご案内〜>>
【Art of Feminine Presence ワンデイクラス】
 2018年12月22日(土)10:00-18:00@自由が丘
 詳細はこちら

【Art of Feminine Presence 瞑想会(経験者向け)】
 2018年12月2日(日)18:30-21:30@自由が丘
 詳細はこちら

2018年12月10日(月)13:30-16:30@自由が丘
 詳細はこちら

【AFP週末ワークショップ&ティーチャートレーニング】
   2018年11/23-25(週末WS), 11/23-28(トレーニング)
   詳細はこちら(AFPジャパン公式ウェブサイト)
   *AFP初めての方も大歓迎です
   *私もスタッフとして参加します

【本を読まない体験型読書会「私たちの『ヒロインの旅』」】
  次回は最終回、「第10章 二元性を超えて
  11月16日(金)19:00-五反田、詳細はこちら  

=====================================================