配偶者の不倫相手が憎くて仕方ない!そんなときの処方箋はひとつ。

弁護士時代の記事ピックアップシリーズです。
こちらは、当時、同業の弁護士仲間から「本当にそのとおり!」
と共感してもらった記事でした。


(2015/11/19記、肩書きは当時のものです)

配偶者の不倫相手が憎くて仕方ない!


離婚事件を多く扱っていると、その3分の1ぐらいは、一方の(あるいは双方の)配偶者による不貞行為が絡んでくる事案です。

浮気、不倫、不貞。

まあ、言い方はいろいろありますが、配偶者(妻または夫)以外の第三者と性的関係を持つことです。

本当に様々な案件がありますが、

(このテーマだけで本が一冊書けそうです!)

今日は、妻あるいは夫の不倫相手が憎くて仕方ない!!というケースについて。

「直接会って謝罪させたい」

「相手の親にも文句を言いたい!!」

「職場にばらして、仕事を続けられないようにしてやりたい」

「慰謝料1000万円請求してください」

などなど、怒り心頭のクライアントさんとたくさんお会いしてきました。

それだけ、傷つき、ショックを受けているということなんだと理解しています。

しかし実際のところ、

慰謝料と言っても不倫相手に請求できる金額は、みなさんが思っているほど高額ではなく、

弁護士が代理人に就いた場合、相手の親御さんや職場に不倫の事実を言いふらすこともしませんし、

直接会って謝罪ということもほとんどありません。

そう説明すると、

「泣き寝入りってことですか?!」と憤る方もいらっしゃいます。


これは、弁護士としてというより、私個人の見解なのですが、

不倫相手が憎くて仕方ない!!この気持ちをどうしてくれるんだ!!
という方のお気持ちを解消する処方箋はひとつ。

「どうぞ、あなたが幸せになってください」

ということです。

みなさん人間ですから、
不倫をされて悔しい!と思ったり、嫉妬心や復讐心を抱くのは仕方ないと思います。

だけれども、いつまでもそこから離れられないと、結局苦しいのは自分です。

相手が加害者で自分は被害者だ、という構図の中にいる限り、
相手が反省して謝罪したり、罰を受け罪を償わないと
被害者である自分は報われません。

それは、相手の態度によって、こちらが振り回されるということでもあります。

憎き不倫相手に、これ以上、人生をかき乱されたくないですよね?

だから、どうぞ自分が幸せになる道を探してほしいと思うのです。

パートナーとの関係をどうするのがよいのか、自分はどうしたいのか、

ぜひ考えてみて、それを実現する方法を探してみてはいかがでしょうか。

「ああ幸せだな」って思えるようになったら、他人のことなんて気にならないはず。

そして、自分を幸せにできるのは、自分です。

弁護士ですので、もちろん不倫の慰謝料請求の案件などお引き受けすることはあります。

法的な責任、けじめをつけることに異論はありません。

ただ、それだけでは気が済まない!というケースも多くて、
そこから先は、法律では解決できない領域です。

クライアントさんが、法的な決着と合わせて、気持ちの整理もできるように
折に触れて法的な問題以外のお話をさせていただくこともあります。

あんなに悩み苦しんだ不倫騒動も、「そんなこともあったなぁ」と笑って振り返れる未来を創っていきましょう。

 

(当時の記事は以上)


 

いま思い返すと、
男女問題の案件は法律相談の形をとってはいるものの、

要するに、

「どうやったら相手を不幸にできますか?」

という相談も、けっこうありました。
復讐したいというエネルギー。

「どうせ私は絶対幸せになれないから、相手には一生、同じだけ苦しんでほしい」

とはっきりおっしゃっていた方もいましたね。

いやいや、そんなわけないから!!

「どうやったら私が幸せになれますか?」

という問いを立てようよ!

と思いつつも、弁護士の立場で介入すべきことでもないのかなぁと悩んでいました。

コーチングの勉強を始めたのも、そんな思いがあったらからでした。

私たちには、
人の不幸を願う自由もあるし、それを選択することもできる。

でも、思い通りに相手を不幸にすることはできません。

それを理解した上で、何を選ぶかということだと思います。

自分を幸せにしていくという選択肢もあることを、
思い出せたらいいよね!

The Choice is Yours.

なのです。

=====================================================
 ★The Choice is Yours. 鈴木麻子メルマガ登録はこちら

   <<What's New  〜お知らせ&ご案内〜>>
【Art of Feminine Presence ワンデイクラス】
 2018年12月22日(土)10:00-18:00@自由が丘
 詳細はこちら

【Art of Feminine Presence 瞑想会(経験者向け)】
 2018年12月2日(日)18:30-21:30@自由が丘
 詳細はこちら

2018年12月10日(月)13:30-16:30@自由が丘
 詳細はこちら

【AFP週末ワークショップ&ティーチャートレーニング】
   2018年11/23-25(週末WS), 11/23-28(トレーニング)
   詳細はこちら(AFPジャパン公式ウェブサイト)
   *AFP初めての方も大歓迎です
   *私もスタッフとして参加します

【本を読まない体験型読書会「私たちの『ヒロインの旅』」】
  次回は最終回、「第10章 二元性を超えて
  11月16日(金)19:00-五反田、詳細はこちら  

=====================================================