般若の面と女神の微笑みのはざまで。般若を演じきったら女神であることを思い出そう。

弁護士時代に書いていたブログがありました。

当時のブログのタイトルは、”The Choice is Yours.”
クライアントがそれぞれ最善の人生を選んでいけるように、との思いを込めていました。

いまも、その思いは変わらず。
新しいブログも同じタイトルにしています。

当時のブログは2016年末に弁護士を休業したときに消去したのですが、
読み返すと、なかなか面白くて。

過去の記事からピックアップして再掲していきたいと思います。

今回の記事は、
般若と女神は表裏だというお話。
光と影、両方あって自分なんです。


(2016/3/18記、肩書きは当時のものです)

般若の面と女神の微笑みのはざまで。
般若を演じきったら女神であることを思い出そう。


般若の面。

嫉妬や恨みのこもった女の顔をあらわす鬼女の能面のこと。

誰しも、自分のそんな顔は見たくないです。
でも、そうせざるを得ない。

泥沼の離婚案件では、そういう場面があります。

不倫に走った配偶者に開き直られたり。
経済的に徹底的に追い込まれたり。
これまでの生活基盤をひっくり返され、後ろ足で砂をかけるような仕打ちを受け、
惨めな思いをしたり。

女性は、そんなとき、般若の面になることがあります。

本人も周りも大変です。

はたからみたら、「何もそこまで・・・」ということだったりもしますが、
ご本人にしたら、どうしたって許せない、おさまらない。

他人の目には、おそろしく、醜く写るかもしれません。

正直に申し上げて、弁護士である私も、「しんどいなぁ」と思うことがあります。

依頼者の煮えたぎる怒りや嫉妬や恨みの気持ち。
受け止めきれずに、苦しくなることもあります。

だけれども、そこには力強さがあります。

般若になっても、守りたい大切なものがあるということだから。

自分の尊厳を、生活を、子どもたちを守りたい。
そんな強い思いがあるから、般若にもなれるのです。

ネガティブもポジティブも、エネルギーの大きさは同じ。

般若の怒りや恨みはネガティブなエネルギーかもしれませんが、その熱量が大きいということは、反転して、同じだけポジティブなエネルギーを持っているということ。

プラスとマイナス、陰と陽は、光と影は、
いつだってコインの表裏です。

おそろしい形相の般若の面の裏には、
慈悲深く全てを愛し包み込む女神の微笑みがあります。

私が趣味のダンスでご一緒している文字通り女神のように美しいダンスシスターたちも、
それぞれの修羅場をくぐり抜け、ときに鬼になり、猛獣になり、悪魔になってきた
経験を持っているのだと思います。
(だからこそ魅力的なのですね、きっと。)

優しく、美しく、穏やか。

それだけじゃすまないのが、人間の欠陥であり魅力です。

私自身、完璧でもなんでもない未熟な人間ですので、
依頼者の方に、いつでも100%寄り添い、全てを受け入れて穏やかに対応できるわけではありません。

苛立ったり、憤ったり、「勘弁してよ、、、」と思うこともあります。

そして、ときに依頼者の感情の振れ幅やパワーに振り回されながらも、
思うのです。

「すごいなぁ」と。

「よくそこまで本気にで怒れるなぁ」と。

これは嫌味で言っているのでも何でもなく、本心です。

基本的にポジティブ思考で、
面倒くさいことが嫌いな私が、どうして弁護士なんてやっているのか。

それは、ネガティブな感情の裏にある、
強く美しいエネルギーに惹かれているからなのかもしれません。

本気の思いをぶつけて全力で闘う姿は、偉大です。

般若になりきるから、吹っ切れたとき、女神になれるのです。

願わくば、
般若を演じきったら女神であることを思い出し、
その微笑みで世界を照らしていただきたい。

そうすれば、この世界がより素晴らしい場所になることは間違いありません。

(当時の記事は以上)


泥沼、修羅場に関わって大変なこともたくさんあったけれど
多くの方の本気の生き様を見せていただけたのは、
得難い経験だったなぁと思います。

記事の中でダンスシスターについて書いている部分がありますが、
私の通っているベリーダンスのdevadasi studioでは
10月に年に1回のDark Cabaretというダンスナイトが開催されます。

ベリーダンスは、生命を祝福する踊りですが、
光があれば闇や影もある。

ハロウィンの時期、
ダンサーが自分の中のダークサイド、シャドウサイドを表現していくスペシャルな夜。

美しいダンサーは
般若であることも受け入れた女神なのだと思います。

離婚弁護士、ベリーダンサー、女性性ワークのティーチャーと
やっている内容は違っても
感じていることは共通。

光と影を両方受け入れて、その上で光を選びたいんだ。

*追記*
この記事を書いたあと、なんと自分がダークキャバレーナイトにエントリーすることに!
出演後記はこちらです。思いがけない自分と出会う夜になりました。
ダークキャバレーナイト〜自分の中の闇とつながる夜

=====================================================
 ★The Choice is Yours. 鈴木麻子メルマガ登録はこちら

   <<What's New  〜お知らせ&ご案内〜>>
【Art of Feminine Presence ワンデイクラス】
 2018年12月22日(土)10:00-18:00@自由が丘
 詳細はこちら

【Art of Feminine Presence 瞑想会(経験者向け)】
 2018年12月2日(日)18:30-21:30@自由が丘
 詳細はこちら

2018年12月10日(月)13:30-16:30@自由が丘
 詳細はこちら

【AFP週末ワークショップ&ティーチャートレーニング】
   2018年11/23-25(週末WS), 11/23-28(トレーニング)
   詳細はこちら(AFPジャパン公式ウェブサイト)
   *AFP初めての方も大歓迎です
   *私もスタッフとして参加します

【本を読まない体験型読書会「私たちの『ヒロインの旅』」】
  次回は最終回、「第10章 二元性を超えて
  11月16日(金)19:00-五反田、詳細はこちら  

=====================================================