ハワイ・カウアイ島リトリート(1)地上の楽園 Lazy Farmer Raunchのツリーハウスで眠る。

ハワイ諸島最北端の直径50kmほどの島、カウアイ島。

2015年2月に訪れて以来、2回目の滞在は、
ハワイでのドルフィンスウィムリトリートの第一人者・野崎友璃香さん主催のリトリートプログラムに参加しました。

ホノルル空港から飛行機で40分ほどでカウアイ島東側のリフエ空港へ。
空港からさらに車で40分ほど北上して、今回のリトリートの滞在先のゲストハウス、”Lazy Farmer Raunch”に到着。

モロアアビーチを眺望する広大な丘陵の土地に、
10年以上かけてリサイクル品や廃材をつかってオーナーご夫妻が作り上げた手作りのゲストハウスです。

<フリーペーパー “Rakuenneeds “よりゲストハウス紹介記事です>

Rakuenneeds ウェブサイト
http://www.rakueneeds.com/index.html#cont1

フリーペーパー「Rakueneeds from KAUA’I アロハ・エ・コモ・マイ kauaiの旅をより楽しむために」全文はこちらから
http://www.rakueneeds.com/ebookkauai1/

Lazy Farmer Ranchウェブサイト
http://lazyfarmerranch.com/

(見るだけで楽園の気分になるので、ぜひチェックしてみて!)


マザーツリーのある中庭。

ブランコにも乗ってみた!

いたるところにお花やフルーツが自生しています。

いくつかのお部屋がある中で、私は、ツリーハウスの個室を割り当ててもらいました。なんて贅沢!

バナナの木に囲まれています。

360度緑に囲まれたテラス。

窓はありません。虫除けの網があるだけ。オープンエアーです。
ベッドとソファーのみのシンプルなお部屋。

カウアイ島入りした8月25日は、ちょうどハリケーンがハワイ付近を通過していたころ。
さらにハリケーン後も低気圧がやってきて、リトリート開始から雨、雨、雨、、、

水の洗礼を受けたようです。

ツリーハウスの屋根にはげしく打ちつける雨や、葉擦れの音を聞きながら、
風を感じ、水を感じ、木を感じ、深く深く眠りについた初日の夜でした。

そして翌朝。
目覚めたときに、何かが一新されている・・・!

身体だけでなく、身体を取り囲むオーラのようなものがあるとしたら、その部分まで。
溜まっていた澱やよどみが洗い流されて、水と緑のエネルギーで満たされているのがわかる。

長年悩まされている目と頬の充血や赤みが、すっきりとおさまってキレイになっていました。

たった一晩で、心身がこんなにも深いレベルで修復されるとは。
驚きとともに、納得もしたのです。

ああ、私たちの心身は、自分で思っている以上に環境に影響されているんだ。

そう。思っている以上に。

私たちが意識できるのは自分についてのほんのわずかな部分で、
大部分は無意識下で機能しているから。

どんな空気を吸って、どんな水を飲んで、どんな場所で眠るのか。

それによって私たちは元気にもなるし、病気にもなる。

人間の適応能力はすごいので、
環境にあわせて、どうにかこうにか機能してくれるのだけど。

知らず知らずのうちに処理しきれない、循環しきれないものを溜め込んでしまう。

日々蓄積していく疲労に気づくことすらなく、エネルギーが低下してしまう。

当然、心身のパフォーマンスも落ちていく。

本来の自分の力を発揮できていない状態になってしまう。

そんな自分を、「ダメだ」と責めたり、
「もっと頑張らなくては」と追い立てたり。

悲しいかな。なんて無駄な努力なんだろう。

人の状態は、環境に左右される。

そして、その環境に影響された自分が、自分の環境を創り出している。

いい環境に身を置けば、エネルギーの高い状態の自分になれる。
いい状態の自分でいられれば、いい環境を選んでいける。

逆もまたしかり。

悪循環にはまってしまったときに、その環境の中で頑張ろうとするのではなくて、
まずは環境を変えることに力を注ごう。

そのひとつの方法が、自然の中でのリトリートなんだと思う。

もちろん、日々の暮らしの本拠地を最善の環境にととのえるのがベストです。

でも都心に暮らしているだけで、すでに否応なくハンディを負っていることも確か。

半径100メートルに誰もいないゆったりとしたスペースで、
木々に囲まれて眠ることは難しい。

だから私は定期的に旅に出て、自然のなかに還る時間をとっているのだと思う。

ととのえよ。
身体と心とエネルギーを。
自身をとりまく環境を。

環境を所与のものとするな。
環境は自分で創り上げている。
と同時に、その環境に影響をされている。

与えられた状況を信じ、委ねることと、
環境に流され、囚われることは似て非なることだ。

今、自分が身をおいている環境は、
本当に自分にふさわしいものだろうか。

「めんどうくさい」に負けてはいけない。

環境を整え、身体と心をコンディショニングすることこそが、仕事だ。

それを投げ出すな。そのために行動をすることだ。

自分の寝起きする場所、
口にする食べ物や言葉、
身につける衣服。

大いなる流れの中で与えられた役割を果たしていくためには、
小さな日々の選択の積み重ねが土台となる。

ツリーハウスで寝泊まりしているときに、受け取ったメッセージです。

現地のオーガニックストアで素敵なノートを見つけて、
気づいたこと、inner voiceを書き取っています。

(次につづく)

=====================================================
   <<What's New  〜お知らせ&ご案内〜>>

【Art of Feminine Presence 連続クラス開講】
  2018年10/20(土) , 11/3(土), 11/17(土), 12/1(土)
  13:00-18:00@自由が丘
  近日中に詳細発表します!

【AFP週末ワークショップ&ティーチャートレーニング】
  2018年11/23-25(週末WS), 11/23-28(トレーニング)
  詳細はこちら(AFPジャパン公式ウェブサイト)
  *AFP初めての方も大歓迎です
  *私もスタッフとして参加します

=====================================================