art of receiving 受けとるということ

ハワイ島でのArt of Feminine Presenceのリトリートを終えて。

地球上できっと一番大地のエネルギーが高まっているハワイ島の地で。

そして、その中でも「おへそ」のように守られている特別な聖地マウナ・ラニで。

 

ただ受け取ることに開いているとはどういうことか。

深く身体の内側から感じる時間となりました。

***

「受け取るだけ」って簡単そうじゃない?

でもね、欲しいものだけ受け取る、のではないのだ。

選り好みしないで、全部受け取るの。
えーって思うような、あれもこれも、全部。

窓を全開にして空気を入れ替えるときみたいにハートを開け放つ。

それができるのは、自分が守られた存在だと信じられるから。

嵐の中で置き去りにされたら、そりゃ、まず自分の安全を確保する洞窟を必死に探すだろう。
それが生き残るために必要な戦略。

でも、だからって、私は一生、洞窟から出ることができないって信じているとしたら?

燦々と降り注ぐ太陽の光も、静かな月の光も、受け取ることができない。

だから、怖くても、一歩外に出てみよう。

また、嵐がきたら?

もちろんいつだって洞窟に戻ることはできる。

そして、嵐の体験さえも、受け取ることだってできる。

あと先を気にしなくていいなら、全身ずぶ濡れになって風雨に打たれるのだって悪くないかもよ?

いつだって戻れるホームは
私たち自身の中にあるのだから。

何にも心配しなくていいんだ。

* * *

リトリート中、
ときに鮮烈な形で「受け取る」ということを体現して見せてくれた参加者の仲間たち。

私自身は、
終始、自分の身体の軸と自分の「偉大さ」を感じていました。

あとは、ただただハワイ島の山々と大地に、海に、風に抱かれていることが嬉しかった。

そして、この体験を受け取って進化した私として、
大好きな日本のホームに帰れることも、嬉しい。