存在感 (presence) が変わるということ

何をするか(doing)ではなくて
どう在るか(being)が大事
と言ったりします。

実際には、
何をするか(doing)も大事なのだけれど、
doingにはbeingが含まれていて、
結局、何をしていても、その人のおおもとの在り方は誤魔化せないのだと理解しています。

何をするにしても、何もしないとしても、
じわじわと滲み出てしまうその人らしさ。

それが存在感(presence)です。

さてさて。

そうはいうものの「存在感」とは・・・?
わかるようで、どこか捉えどころがないですよね。

論より証拠?というわけで、
私が初めてAFPワンデイクラスを受けた時の秘蔵証拠写真!
クラスの前後に撮影しました。

 

 

 

 

顔もスタイルも、もちろん同じなのですが、発する印象はだいぶ変わっていませんか?

緊張感がなくなって柔らかくリラックスして、
自分自身も、心地よさを感じていたのをよく覚えています。

AFPのワークを体験すると、皆さん、たった数時間で変わるのです。

AFPでは、自分自身の存在にくつろぐことを大切にしています。
そのためのエクササイズやワークを体験すると、
おのずと存在感(presence)が変わってくる。

存在感(presence)が変わると、やることなすこと全てが変わっていきます。
同じことをしているつもりでも、基盤である在り方(being)が変わるので。

なんでそうなるのか?
背景には深い人間のメカニズムがありますが、
理屈は、まあ、置いておいて。

まずは体感してみましょう!

遊び心と好奇心を持って、ぜひクラスにいらしてくださいね。

*今後のクラスの予定はこちらから